江戸時代

江戸時代は超高級魚だった 「初鰹」

現代では高級魚といえばマグロですよね。
お正月の初競りではおよそ3億円の値がついた、なんてニュースも以前ありました。

江戸時代にはマグロ以上に庶民を熱狂させた魚がありました。

その魚とは初鰹

初鰹を食べるためなら女房を質屋に入れてでも・・・というくらい江戸時代の人の初鰹愛はすさまじかったのです。

ちなみに当時のマグロは下級魚で別名「猫またぎ」と呼ばれるような扱いでした。

何月の鰹が初鰹?

「初鰹」

カツオは、魚偏に堅いと書いて鰹と読みます。

日本人とのつきあいは古くて「古事記」や「万葉集」の中にも「堅魚(かたうお)」という名前で登場しています。

鰹の栄養価はとても高く特に鉄分が非常に豊富です。
その他には良質のたんぱく質やビタミン類、EPA、DHAなども含んでいます。

鰹の血合いの部分にはこれらの栄養素がより含まれているのですが、血合いの部分が苦手という人も結構いるのでは?

血合いの部分特有の生臭さを消すためには鰹のお刺身やたたきを食べる時に、ニンニクやショウガ、柑橘類、意外なところでは梅干しや梅酢などを添えると食べやすくなります。

そんな鰹には旬が2回あるってご存知でしょうか?

初鰹

初鰹とは春先(3~6月頃)黒潮に乗って太平洋岸を北上する鰹のことです。

初鰹は脂が少ないのでさっぱりとした味で、鰹節に加工されるのも初鰹が多いとか。

戻り鰹

戻り鰹とは秋(9~11月頃)になると三陸沖から南下してくる鰹のことです。

初鰹に比べると脂がのっているので「トロ鰹」とも呼ばれます。

江戸時代の人はなぜ初鰹に熱狂したのか?

「初鰹」

まず江戸時代は今以上に旬のもの、初ものを食べるということをとても大切にしていました。

今と違って養殖技術や輸送手段がなく、冷蔵・冷凍などの保存技術もなかった江戸時代では、初ものを食べることが季節を知ることであり、縁起がいいことであったからです。

しかも旬のもの・初ものにはその時期に体に必要とされる成分が豊富に含まれています。
体調を整えるという意味でも旬のもの・初ものを食べることは重要なことだったのです。

中でも初鰹は「勝男」とみなされ大変縁起のいい食べ物でした。

通常初ものを食べると75日伸びるとされた寿命が、初鰹の場合は10倍の750日も伸びるとされていたほどです。

それと江戸の人々がなによりも大切にした「粋」。

初鰹を食べることが「粋」であり食べられなければ「無粋な奴」となったわけです。

初鰹のお値段

「初鰹」

女房を質に入れても初鰹」なんて川柳が流行った江戸時代。

それとは別に「まな板に小判一枚初鰹」というのもありまして、一体どれほど初鰹を食べることに情熱を燃やしていたのだ、と思う次第です。

またこれ以外にも有名な「目には青葉山ほととぎす初鰹」という句や、あの松尾芭蕉も「鎌倉を生きて出でけむ初鰹」と詠むなど、まさに初鰹は旬の最重要キーワードだったようです。

ちなみに江戸時代の1両は、現在の価値にするといかほどだったのでしょうか?

江戸時代は長いですが、平均すると1両=10万円~15万円ほどになるようです。

初鰹のお値段はサイズにもよりけりですが、だいたい1本が2~3両したといいますから、今の感覚だと30~40万円くらいといったところです。

江戸時代の後期で庶民の年収は20~30両と考えられていますので、年収の約10分の1になります。

よほどのお大尽でもない限り、初鰹は庶民にとって高嶺の花であったことには間違いないようです。

江戸時代の初鰹の食べ方

運よく初鰹を手に入れた人は、どのようにして食べていたのでしょうか?

実は江戸時代にはすでに、鰹はお刺身で食べられていました。
当時の薬味は芥子(芥子)、大根おろし、ミョウガが使われていたようで、今とほとんど食べ方は同じです。

お酒を飲まない人や女性には、お刺身よりも煮つけが人気だったようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部 新井弘樹

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 黒田騒動 ~筆頭家老が藩主を訴えた前代未聞の江戸三大お家大騒動
  2. 東京で食べたい美味しいカレー店 12選【実際に行ってみた】
  3. 真田信之 ~93才まで長生きした名将の生涯「真田丸で大泉洋が好演…
  4. 豊臣五奉行・増田長盛【豊臣家を滅ぼした元凶?】
  5. 浅野内匠頭について調べてみた【赤穂浪士たちが忠誠を尽くした藩主】…
  6. 徳川秀忠【徳川2代目将軍】―意外に実力者だった―
  7. トマトの栽培方法 について調べてみた
  8. 徳川秀忠は本当に凡庸だったのか調べてみた【徳川2代目将軍】


新着記事

おすすめ記事

日本人には馴染みの少ない中国の民族区域自治 【少数民族政策】

民族という感覚私たち日本人には民族という感覚があまりないように思う。なぜなら日本人の大半は大…

今川氏真【子孫は徳川の旗本として存続していた】

子孫も続いた今川家今川氏真(いまがわうじざね)は「海道一の弓取り」とも称された戦国大名・…

フロイト「喫煙がやめられない人の原因は幼少期の搾乳法にあり」

煙草がやめられない人は、口寂しさに最も苦しむ。健康的には害でしかない煙草を辞められない理由に…

戦国時代の人口について調べてみた

はじめに私は戦国時代、安土桃山時代あたりの歴史が好きなのですが、よく友達にその時のエピソードなど…

新選組の天才剣士・沖田総司【性格は明るい人物だった】

沖田総司とは沖田総司は、新選組の中でも剣の腕はピカイチながら、病に侵され若くして亡くなった天…

アーカイブ

PAGE TOP