鎌倉殿の13人

源頼朝はなぜ死んだのか?様々な死因説 「家康が記録を消した?」【鎌倉殿の13人】

源頼朝はなぜ死んだのか?様々な死因説

伝 源頼朝公。武士の世は、彼の大法螺から始まったのかも知れない。

冷酷無情の政治家」と呼ばれた源頼朝

先日放送された「鎌倉殿の13人」では、大泉洋が演ずる源頼朝がついに亡くなるシーンが放送され、話題沸騰となっている。

しかし死因については

普通に馬に乗っていた頼朝が突如、意識が朦朧となり体が硬直して落馬

といった、なんともぼやけた演出方法になっていて、なんだかすっきりしない印象を受けた方も多いのではないかと思う。

「鎌倉殿の13人」は、史料をよく研究しつつエンタメとして面白く作られた秀逸なドラマであるが、なぜこのような描かれ方をしたのだろうか?

それは、鎌倉幕府の準公式記録である「吾妻鏡」の記録に理由がある。

「吾妻鏡」には頼朝の死の時期の3年間の記録がない

源頼朝はなぜ死んだのか?様々な死因説

『吾妻鏡』(吉川本)右田弘詮の序文

吾妻鏡 : あずまかがみ」とは、鎌倉時代に書かれた歴史書で、初代将軍・源頼朝から第6代将軍・宗尊親王までの将軍記である。

鎌倉幕府の準公式記録であり、起こった出来事を年代順に記録するスタイルで書かれている。

北条氏によって編纂されているので北条氏よりの史料であり「北条本」と評する研究者もいるが、日本における武家政権の最初の記録とも評され、史料的な評価は高い。

江戸時代~明治~現在においても研究され続けている史料である。

その「吾妻鏡」に、頼朝の死に関する記録が登場するのは、亡くなって約13年後の建暦二年(1212年)の箇所である。

そこには

頼朝は相模川にかけた橋の落成式に参列し、その帰りに落馬して、しばらくして亡くなった

という旨の記述がある。

しかし、ハッキリした死因についての記述がないのである。

いくら当時の人々の平均寿命が現在よりも短いとは言え、頼朝は年齢的にも53才とまだ若く、仮にも武士である頼朝が落馬だけで命を落とすというのはあまりに不自然すぎる。

そのために「落ちた時の打ちどころが悪かった」「脳系の障害が突如発生した」などのような憶測がなされ、先日放送された「鎌倉殿の13人」でもあのような演出となったのである。

徳川家康が真相を闇に葬った説

源頼朝はなぜ死んだのか?様々な死因説

徳川家康肖像画

江戸幕府を開いた徳川家康は、かねてより源頼朝を尊敬していて「吾妻鏡」も愛読していた。

江戸時代中期の旗本で朱子学者でもあった新井白石の伝記「老談一言記」には

家康公は「頼朝公の死去のくだりは名将の傷となる」と仰って破り捨てられた

という旨の記述がある。

つまり、尊敬していた頼朝があまり良い死に方ではなかったので、家康がそれを隠した、という説である。

ただし室町時代の「吾妻鏡」の写本において、すでに頼朝が亡くなった時期の記述の欠落が見られるので、この説は信憑性は低いとされている。

他の様々な説

認知症だったという説

天下の大将軍が認知症で、その詳しい様子が朝廷や後世の人々に知られては対面が保てないので、詳しい記述をしなかったという説である。

糖尿病だったという説

鎌倉前期の公卿・近衛家実の「猪隈関白記」には「頼朝は飲水の病だった」という旨の記述がある。水を欲しがる病ということで糖尿病だったのではないかという推測もされているが、症状の記録はなく、直接的な死因につながる病ではないことからも、信憑性は低いとされている。

義経の亡霊を見て亡くなった説

南北朝時代の歴史書「保暦間記」では、「義経や安徳天皇の亡霊を見た」という旨の記述がされている。ただしあまりに非科学的なので、事実だとすれば統合失調症やなんらかの精神疾患で幻覚を見たということになる。しかし幻覚を見ただけでは死因とはならない。

暗殺説

源頼朝はなぜ死んだのか?様々な死因説

北条義時 承久記絵巻

源氏の鎌倉幕府はたった3代で絶え、その後、北条氏が興隆したことから北条氏が暗殺したのではないかという説もある。

実際に子の頼家実朝は暗殺されており、その後、北条氏が執権として権力を握り続けたのは事実である。北条氏が頼朝を暗殺したために「吾妻鏡」には詳しい記述ができなかったというわけである。

「鎌倉殿の13人」でも描かれているとおり、鎌倉幕府における人間関係は実に陰湿であり、将来の敵となりそうな味方や功労者までも権力闘争の為に次々と殺している。

その権謀術数渦巻く中で勝ち抜いたのが北条氏なのである。最も腹黒と言っても過言ではない。

個人的にはこの説が濃厚と感じるが、もし事実であっても北条氏なら徹底的に口封じをしたであろうし、証拠や、ましてや史料など一片も残すはずもない。

つまり「絶対に検証できない謎となってしまっている」「その後、北条氏が興隆している」事実こそが状況証拠かと思えるのだが、真相は闇のままである。

参考文献 : 現代語訳吾妻鏡 / 眠れないほど面白い吾妻鏡

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部 新井弘樹

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 子供だからと侮るな!侮辱に全力抗議した鎌倉武士・佐々木信実のエピ…
  2. 北条義時とは 〜北条得宗家を作った「鎌倉殿の13人」の覇者
  3. 【鎌倉殿の13人】江口のりこ演じる「亀の前」実際はどんな女性だっ…
  4. 【鎌倉殿の13人】どうか花押を!ハレの舞台で駄々をこねた千葉常胤…
  5. 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では割愛?石橋山の合戦に散った豪傑・…
  6. 天才軍略家・源義経に欠けていたもの…『平家物語』逆櫓論争エピソー…
  7. 誠意を見せろ!部下の不祥事を詫びるため、源頼朝が梶原景時に命じた…
  8. 巴御前の戦いぶりは伝承どおりだったのか? 【鎌倉殿の13人】


新着記事

おすすめ記事

海外で人気のあるG1レース 「イギリス、オーストラリア、アラブ、香港、アメリカ」

海外で人気のあるG1レースやっと外出の規制が緩まり徐々にスポーツイベントも復活し、もうそ…

柴田勝家とは 〜鬼柴田と呼ばれるも温情深い猛将

柴田勝家とは天下布武を唱え戦に明け暮れた織田信長の家臣団で「鬼柴田」「鬼の権六」と恐れられその武…

ダライ・ラマ 14世の亡命政権の活動【名言、思想】

仏教の厳格な戒律を守りつつ、インド大乗仏教の教えをほぼ踏襲し、世界で唯一守っている宗教。それ…

男の罪悪感【漫画~キヒロの青春】⑭

こんばんは。ゲーハーです。結構間が空いちゃいました 人気ブログ…

お寿司の歴史について調べてみた 【奈良時代に伝わった】

お寿司の歴史 について調べてみた寿司とは米飯と魚介類を組み合わせて作る日本料理であり、現代では多…

アーカイブ

PAGE TOP