安土桃山時代

【下級武士から大名へ大出世】 軽視されがちな藤堂高虎の戦働き

画像 : 藤堂高虎 public domain

戦国時代の築城名人であり転職大名としても名高い藤堂高虎は、歴戦の勇将としても知られている。

彼は各地で主君を変えつつ、築城と戦に参加し続けた。

そして最終的には、近江で農民のような生活をしていた下級武士から、伊勢・伊賀を治める32万石の大名にまで大出世したのだ。

しかし、高虎の「戦働き」は軽視される事が多い。「戦に弱い」とまで言われる事がある。それは主君を何度も変えたことや、築城ばかりが注目されることも原因のひとつだろう。

今回は、軽視されがちな「藤堂高虎の戦いの軌跡」について詳しく探ってみる。

「姉川の戦い」初陣の敵は織田と徳川

軽視されがちな藤堂高虎の戦働き

画像:姉川の戦い wiki c 立花左近

高虎は、身長190cm近い大男であったと伝えられている。常に一番槍を心がけており、その体格から敵に恐れられていたことは間違いないだろう。

そんな高虎の初陣は、わずか15歳のときであった。彼の最初の戦場は、浅井長政 vs 織田信長・徳川家康の「姉川の戦い」である。初陣の相手が織田・徳川連合軍とは、まるで最初からラスボスと戦うようなものである。

高虎はこの戦いで、初陣にもかかわらず御首(みしるし)をあげ、大手柄を立てている。戦後、浅井長政から備前長船の脇差と金貨を褒美として授かり、華々しいデビューを飾った。

その後、高虎は「小谷城籠城戦」にも参加した。これも浅井軍と織田軍の戦いであり、高虎はここでも戦功をあげて長政から感状を受け取っている。

しかし、この戦の後、高虎は同僚を斬り殺してしまった罪で浅井家を去ることとなった。

「播磨三木城攻め」猛将を討ち取る

画像:別所長治 public domain

その後、高虎は羽柴秀長の家臣となり、秀吉の戦に付き従うようになった。

そんな中、「播磨三木城攻め」が行われた。

この戦いは羽柴秀吉と別所長治の戦いであり、長治が三木城に籠城したため、戦いは長期間にわたった。
そこで秀吉は兵糧の補給路を断ち、城内の人間を餓死させる作戦に出た。「三木の干殺し」である。

辛抱たまらなくなった三木城の武将たちが討って出た際、高虎は猛将・賀古六右衛門と対峙し、これを討ち取る大手柄を立てた。

この時、六右衛門の乗っていた馬を手に入れ「賀古黒」と名付けている。

「賤ヶ岳の戦い」羽柴兄弟から認められる

画像:賤ヶ岳の戦い public domain

本能寺の変を経て、時代が信長から秀吉へと移ると、高虎は秀吉の天下統一戦に従軍した。

その戦の一つ「賤ヶ岳の戦い」(羽柴秀吉 vs 柴田勝家)で鉄砲隊として参戦した高虎は、再び武功を立てた。

その功績により、主君の秀長から300石を与えられた上に、秀吉からも直接1000石を与えられた。

羽柴兄弟の両者からその功績を認められたのである。

「根白坂の戦い」島津軍相手に突撃

画像:島津義弘像(尚古集成館蔵)public domain

高虎は秀吉の九州征伐にも参戦していた。敵は勇猛で知られる島津軍である。

九州の東から南下していた秀長軍は、根白坂で島津軍と激突した。この「根白坂の戦い」(豊臣秀長 vs 島津義久・義弘・家久)では、高虎はヒーローのような活躍を見せた。

島津軍の猛攻で味方の宮部継潤が危機に陥った際、出陣命令を出せない秀長の意図を汲み取り、高虎は自らの小隊を率いて島津軍に突撃したのである。

この勇敢な行動をきっかけに他の隊も次々と参戦し、結果として島津軍を根白坂から撤退させ、宮部継潤を救うことができた。

この戦功により、高虎は1万石を加増されている。

「朝鮮出兵」水軍大将として活躍

画像:朝鮮戦役海戦図屏風 wiki c 太田天洋

朝鮮出兵(日本軍 vs 朝鮮・明軍)において、高虎は水軍を率いて参戦した。

彼が主に参戦した戦いは、「釜山(ぷさん)海戦」「漆川梁(しっせんりょう)海戦」「鳴梁(めいりょう)海戦」である。

高虎は水軍大将としても卓越した働きを見せた。文禄の役では、朝鮮の英雄・李舜臣(りしゅんしん)と釜山海戦で戦い、巧妙な策によって李舜臣を撃退している。

慶長の役の漆川梁海戦では、元均(げんきんと戦い、一夜にして朝鮮の大軍を海の底に沈め、大勝を収めた。

鳴梁海戦では再び李舜臣と戦い苦戦するが、朝鮮軍が撤退したため両者の決着はつかなかった。

「関ヶ原の戦い」頭脳戦に勝利

画像 : 関ヶ原の戦い public domain

豊臣秀吉の死去により豊臣家中の派閥争いが激化すると、「関ヶ原の戦い」が勃発した。

これは徳川家康率いる東軍と石田三成中心の西軍の戦いであった。この戦いにおいて、高虎は巧妙な寝返り工作を行った。

高虎は、西軍の武将である四名(脇坂安治・朽木元綱・赤座直保・小川祐忠)に密書を送り、東軍に寝返らせることに成功した。本戦では大谷吉継と激突し、苦戦する場面もあったが、事前に仕掛けた寝返り工作が功を奏し、東軍を勝利に導いた。

戦後、高虎はその功績を認められ、12万石を加増されている。

「大坂夏の陣」家来を多く失っても戦い続ける

画像:大坂夏の陣図屏風 public domain

豊臣家と徳川家が激突した「大坂夏の陣」では、高虎は大切なものを失うこととなった。

八尾の地で長宗我部軍と激戦を繰り広げた藤堂軍は、相手を撤退させることには成功したものの、家来70名以上が討ち死にしたのである。

側近の家来だけでなく、高虎の従弟や甥までもが戦死した。高虎は深く嘆き悲しみ、京都南禅寺で七日間にわたり法要を行った。彼は涙を流し、痛ましい喪失を嘆き悲しんだと伝えられている。

おわりに

軽視されがちな藤堂高虎の戦働き

画像 : 津城址にある藤堂高虎像 wiki © Antique1967

高虎は、最初の頃は自身の腕一本でのし上がってきた武将だといえる。

しかし、出世するにつれ立場が変わり、指揮官としての役割や内部工作など、戦い方も変えていった。
高虎が「戦に弱い」と言われるのは、おそらく関ヶ原の戦いでの苦戦や、大坂夏の陣で多くの家来を失ったことも原因だろう。

しかし、彼の戦績を振り返ってみると、むしろ勝利し手柄を立てた戦の方が多いことがわかる。大坂夏の陣でも、最終的には徳川家康から褒美をもらっている。

高虎は、決してただでは負けない武勇にも優れた武将だったのである。

参考文献:歴史街道2017年7月号、戦国人物伝 藤堂高虎

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 不敗の平法・富田重政【名人越後と呼ばれた剣豪】
  2. 鳥居元忠・三河武士の鑑と称された武将
  3. 服部正成 ~半蔵門の由来となった二代目服部半蔵
  4. 石田三成の評価はなぜ二分するのか?【天才か凡人か】
  5. 織田信長の人物像 「信長の身長、性格、趣味」〜 戦国三英傑の逸話…
  6. 稲葉一鉄【頑固一徹の語源となり天下人に愛された美濃三人衆】
  7. 『日本で最初に爆死した男?』 戦国のボンバーマン・松永久秀
  8. 村上武吉と村上水軍について調べてみた【海の関ヶ原】

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

【鎌倉殿の13人 前史】さりながら、矢一射てこそ…つつじ(辻殿)の祖父・源為朝が遂げた壮絶な最期

「……人々は何にも成給へ。為朝は今日の蔵人とよばれても何かせん。只もとの鎮西の八郎にて候はん」※…

【ルイ17世】マリーアントワネットの子供たちの残酷な人生

ルイ・シャルルとマリーテレーズ18世紀。フランス革命で断頭台の露に消えた王ルイ16世と王妃マリー…

【三笘ELデビュー!】 しかしブライトンは悔しい敗戦…その原因は?

9月21日未明、UEFAヨーロッパ・リーグ(EL)の開幕戦がヨーロッパ各地で行われました。三…

【SpaceX】4度に渡る中止を乗り越え「観測衛星PACE」の打ち上げ成功

2024年2月8日早朝、フロリダ州ケープカナベラルの空軍基地から、NASAのPACEミッショ…

水戸黄門は辻斬りをしていた!? 「不良少年だった水戸光圀の恐ろしい逸話」

「ええい!ひかえひかえ!ここにおわす方をどなたと心得る!恐れ多くも前(さき)の副将軍、水戸光…

アーカイブ

PAGE TOP