戦国時代の女性の生活について調べてみた

はじめに

男女平等と叫ばれて久しい現代社会ですが、徐々に各方面において女性が社会進出してきています。

世界各国を見渡しても女性の大統領が多く誕生しており、日本でも女性の総理大臣が誕生する日も近いかもしれません。

一説には、1990年代からは、女性優位社会になったとも言われているほどで、女性優位の社会はこれからも暫く続くことになるでしょう。

スポンサードリンク

日本では卑弥呼の時代の後ですから、だいたい西暦250年前後から、男性優位の社会となり、それがずっと続いてきました。

やがて「家」という概念ができてからは、家の外では男性が強く、家の中では女性が強い、「分業時代」が、到来します。

特に江戸時代にはその傾向が顕著に現れ、家の中の実権はすべて女性が握ることも多かったようで、離婚率も高くなったようです。

今回はその間の時代である、戦国時代の女性の生活について書いていこうと思うのですが、皆さんは戦国時代の女性の生活についてどのようなイメージをお持ちですか?

「戦国時代は武士、一般庶民に限らず、子供を産むための道具とされ、武士の世界では政略結婚、一般庶民ででも、自分が意図しない相手と結婚させられた」

「戦国時代に戦に巻き込まれた村の多くは、敗軍の兵士の「乱取り」に遭い、あるものは誘拐されたり、またあるものは乱暴されたりした」

というイメージを持つ方もおられると思います。残念ながらどちらも概ね事実でありますが、そうかといってこの時代を女性が絶望していたわけではなく、むしろ女であることを武器にして強くたくましく生きていました。

そこで今日は

「戦国時代の女性の生活について調べてみた」

と題して、一般庶民と武士の世界にわけて女性の生活を見ていこうと思います。

 

戦国時代の女性の生活 とは

戦国時代の女性の生活

戦国時代の一般の女性の生活に対しての日本側の史料はほとんどありませんが、戦国時代日本にキリスト教を布教しに来日していた、ルイスフロイスら宣教師たちが記した日記には生活の様子が克明に記してあり、その様子がうかがえます。

戦国時代の多くの村では、年齢ごとに「長老」「中老」「若衆」に分かれており、長老は村の政治の中核となり、他の村との交渉や、その国の領主との交渉をおこなっており、大名同士の合戦でどちらの大名が有利かを判断するのも「長老」でした。なお「中老」は若衆の統率をしていたといいます。

いざ合戦となると、領主は村に出陣する「若衆」の名簿の提出を求めていました。村はその名簿を作り、「若衆」を出陣させたといいます。

領主にとっても戦の出費は大きく、また「若衆」が負傷、討ち死になどしてしまえば、年貢の減収につながってしまうため、頭の痛い問題でした。

そしてその合戦の間農作業や家事その他のことはすべて女性が行っていました。特にご近所付き合いは女性にとって大切な仕事であり、冠婚葬祭などは女性が中心になって働いたといいます。

またこの時代には既に花嫁修業があり、「礼法」「歌学」「茶道」「書道」「芸事」などの教養を積み、嫁ぎ先にその免状を持参するというのが習わしだったようです。

ルイスフロイスの日記に

「女性が既に字の読み書きができたということに、驚いている」

と書かれており、一般庶民の間にもかなりの教養があったことがわかります。

結婚については、近親同士の結婚は禁止とされていましたが、この頃は武家でも庶民の間でも行われておりました。ただ女性は結婚しても他の男性と関係を持つことは普通にあったようで、「望まない妊娠」というのもあり、中絶が頻回に行われていたというのも事実です。

さらにこの時代女性一人での旅行なども普通にできたいたようで、これにも宣教師たちは驚いたとかかれていました。

このように戦国時代の女性の生活はある程度自由ではありましたが、やはり「家」を重んじるしゃかいであったため、結婚は自由にできなかったようです。

 

戦国時代の武家の女性の生活

戦国時代大名の娘に待っているのは、政略結婚でした、政略結婚は時には大名家同士の同盟のため、またある時には実力を持った大名に服従する証として「人質」という形で嫁いでいくという女性もおりました。

また、稀に男性が一目ぼれして結婚というのもありましたが、この場合でも女性の自由はなく、意中の相手ではなくても結婚しなければならなかったといいます。

しかしお姫様の中にも、戦好きで男性より活躍したお姫様もいました。その具体的な例がが、映画「のぼうの城」にも登場する「甲斐姫」です。映画では榮倉奈々が演じていましたね。

彼女は豊臣家の攻撃から忍城【埼玉県行田市】を守った勇猛な姫として今でもかたりつがれています。

また他にも戦には多くの女性が活躍していたようで、戦における鉄砲隊を構成する兵士たちのほとんどが女性であったという記録があります。

事実徳川家康の家臣本多忠勝の書いた史料には

「男たちは血を見ただけで逃げだしてしまう者も多い中、女性は敵に攻め込まれても勇敢に突撃していく」

と感心する記述があり、多くの戦において女性が活躍していたことがわかります。

このように武家の女性においても、やはり結婚こそ自由にはできませんでしたが、戦などでたくましく活躍するという側面があったことがわかります。

 

このように戦国時代の一般庶民の女性と武家の女性の生活について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

確かにすぐ隣に命の危険が迫る大変つらい時代だったとは思いますが、そんな中でも懸命に今を生きる女性の姿を見ることができたかと思います。

また当時は女性が子供を産むための道具とされた原因は男性:女性の比率が7:3と圧倒的に男性が多かったからともいわれています。

いろいろな原因が重なってのことだったことがわかります。

今日も読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

甲斐姫物語

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相互RSS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載漫画&サイト

Twitter でフォロー

おすすめ記事

Ninja Tools

ページ上部へ戻る