三國志

天才軍師・諸葛亮の子孫たちはどうなった? 【三国志】

天才軍師・諸葛亮の子孫たちはどうなった?

『三国志演義』における諸葛亮は、最強の軍師としてその名を轟かせています。

司馬懿周瑜陸遜などの優れた人材も存在しましたが、演義の中での諸葛亮は群を抜いています。

『正史』での諸葛亮は、そこまで頭一つ抜けた存在ではありませんが、優秀な政治家として記述されています。

諸葛亮の妻である黄夫人(黄月英)も才知ある人物として知られていることから、この夫婦からはさぞかし優秀な子供が生まれていそうです。

しかし、子供たちについてはあまり語られることがありません。

今回は、諸葛亮の子供たちに焦点を当ててみたいと思います。

諸葛亮の子どもたち

天才軍師・諸葛亮の子孫たちはどうなった?

画像 : 諸葛亮 public domain

諸葛亮には養子1人と実子1人、合わせて2人の子供がいました。

清王朝の考古学者・張澍の『諸葛忠武侯文集』には、長女や三男の存在が記されていますが、信憑性が疑問視されているため今回は取り上げません。

それでは養子と実子、それぞれのプロフィールを簡単にまとめながら、気になる点にも触れていきましょう。

養子

人名:諸葛喬(しょかつきょう)
:仲慎(ちゅうしん)⇒伯松(はくしょう)
生年:204年
没年:228年
父親:諸葛瑾⇒諸葛亮
息子:諸葛攀(しょかつはん)
主な参戦:特になし
関わりの深かった人物:諸葛亮、諸葛瑾、霍弋
三国志14パラメータ:統率58、武力23、知力75、政治68、魅力77

諸葛喬(しょかつきょう)は、諸葛亮の兄・諸葛瑾の次男として生まれましたが、諸葛亮によって養子に迎えられました。
養子になったことで、字は仲慎から伯松に変わっています。
これは、中国では長男には「」、次男には「」の字をつける習慣があったためです。

諸葛喬は将来を有望視されていましたが、228年にわずか25歳で病死しました。
彼の死は諸葛亮にとっては大きな悲劇であったでしょう。

また、諸葛喬は三国志演義には登場せず、正史にのみ記された人物です。

実子

人名:諸葛瞻(しょかつせん)
:思遠(しえん)
生年:227年
没年:263年
父親:諸葛亮
母親:黄月英
息子:諸葛尚(しょかつしょう)と諸葛京(しょかつけい)
主な参戦:蜀の滅亡に繋がる防衛戦
関わりの深かった人物:諸葛亮、黄崇、劉禅
三国志14パラメータ:統率69、武力57、知力72、政治68、魅力69

諸葛瞻(しょかつせん)は、227年に諸葛亮と黄月英の息子として誕生しました。

彼は若くして優れた才能を発揮しましたが、諸葛亮は兄の諸葛瑾に宛てた手紙で「早熟かもしれない」と心配の念を示していました。
諸葛亮は遠征続きだったうえ、234年に亡くなったため、彼が父親と共に過ごせた期間は数年もなかったかもしれません。

その後、諸葛瞻は蜀の滅亡につながる戦い(綿竹防衛戦)に参戦し、魏の鄧艾からの降伏勧告を断って、息子の諸葛尚と共に戦死しました。

諸葛亮の子孫たち

天才軍師・諸葛亮の子孫たちはどうなった?

画像 : 清代の書物に描かれた諸葛瞻(しょかつせん) publicdomain

諸葛喬諸葛瞻、どちらも早世していますが、その前に実子を残しています。
彼らの子孫が最終的にどのような系譜を辿り、どんな血統を残したのか、見ていきましょう。

養子である諸葛喬と、実子である諸葛瞻を分けて考察していきます。

●養子の諸葛喬の子供たち

養子である諸葛喬(しょかつきょう)には、息子の諸葛攀(しょかつはん)がいました。
諸葛攀の生没年は不明ですが、諸葛亮から直接教えを受けた可能性は高いでしょう。

しかし、253年に諸葛瑾の子である諸葛恪一族が誅殺され、諸葛瑾の家系が途絶える危機に瀕しました。

画像 : 諸葛恪 publicdomain

※諸葛恪については
諸葛恪 〜性格の悪さで身を滅ぼした天才【諸葛瑾の息子で諸葛亮の甥】
https://kusanomido.com/study/history/chinese/sangoku/46218/

その危機を感じた諸葛攀は呉に移り、諸葛謹の後を継いだのです。
その後、諸葛攀は行護軍・翊武将軍に昇進しましたが、若くして亡くなってしまいました。

諸葛攀の息子である諸葛顕(しょかつけん)は、蜀で国の滅亡を目の当たりにしましたが、戦死を免れて河東郡に身柄を移されています。

諸葛喬と諸葛攀は共に早世しているので、その評価は難しいものがあります。

諸葛喬は、かつて諸葛亮によって北伐の最前線に派遣されていたことから、実力は十分にあったことが推測できます。
もしもっと長生きしていれば、評価も異なっていたでしょう。

●実子の諸葛瞻の子供たち

諸葛亮の晩年に生まれた息子・諸葛瞻(しょかつせん)には、諸葛尚(しょかつしょう)と諸葛京(しょかつけい)という2人の子供がいました。

画像 : 清代の書物に描かれた諸葛尚の挿絵 publicdomain

長男の諸葛尚は、父である諸葛瞻と運命を共にし、蜀の滅亡を防ぎきれずに戦死しました。(綿竹防衛戦)

一方、若かったために戦に参加できなかった諸葛京は生き延びました。

諸葛京は成人後、に仕え、その子孫は現在も浙江省蘭渓市の諸葛八卦村に住んでいます。

諸葛亮の血筋は、諸葛京によって継承されたのです。

参考 : 『諸葛忠武侯文集』

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 太平道と五斗米道 【三国志の二大宗教とは?】
  2. 関羽千里行のルートは実はとんでもない遠回りだった
  3. 劉備の実像【演義とは違うリアリスト 正史三国志】
  4. 関羽は本当に強かったのか?【活躍のどれが史実でどれが創作なのか】…
  5. 蒋琬(しょうえん)とは 「幻の北伐計画 ~諸葛孔明亡き後の蜀の心…
  6. 「三国志」を記述してきた歴史家たち【正史&演義】
  7. 徐庶について調べてみた【孔明と同門の幻の名軍師】
  8. 「三国志」の面白さ!軍師、智将達のスゴイ計略あれこれ

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

ロシアで遺体を冷凍保存する人たち 「400万円で誰でも可能、日本人女性も一人冷凍済み」

人間は誰もが長寿を願いますが「死」だけは避けられません。でも、それは現代の話。医療は日々進歩していて…

七福神について調べてみた

七福神という七人の神様が存在することは大多数の方が知っているだろう。しかし、七福神がいつから…

軽いジョークがキッカケで生まれたソジェー共和国。その歴代大統領を紹介【フランス】

世界には様々な国があり、そこには個性豊かな人々が暮らしていますが、中には強烈過ぎる個性が国境の枠を超…

ワインの歴史について調べてみた【最古は紀元前6000年前】

前回「チーズの歴史」について調べてみたのですが、チーズを調べているそばから、ワインを飲み・・・いえ調…

人間とAIの幸せ『アイの歌声を聴かせて』の感想と考察 ※ネタバレ有

待ちに待った8年ぶりの新作2020年9月10日。何となくTwitterを見ていたら、とあるツイー…

アーカイブ

PAGE TOP