戦国時代

武田信玄を二度退けた武将・村上義清

信玄を退けた武将

村上義清(むらかみよしきよ)は北信濃の戦国大名として、一度ならず二度までもあの武田信玄を退けた実績を持つ人物です。

さすがに三度目はなく、北信濃を信玄から追われた義清は越後の上杉謙信を頼って落ち延びました。

これが信玄と謙信との都合5度にもわたる川中島の戦いを引き起こすきっかけとなりました。

信玄を退けた義清の生涯についてしらべてみました。

信玄の侵攻

義清は文亀元年(1501年)に北信濃の武将・村上顕国の子として葛尾城に生まれました。信玄が大永元年(1521年)の生まれにつき一世代程前の生まれと言えます。

義清は永正17年(1520)頃に父・顕国の跡を継いで当主となると、周囲の海野氏、大井氏らを破って支配地を拡げていました。

その後、義清が高梨氏との戦いを進めている中、佐久を支配下に置いて更なる侵攻をしてきたのが、甲斐の武田氏でした。

信玄はこれに先立ち、父である武田信虎を追放して武田の当主の座に就いていました。

上田原の合戦

村上義清

信玄は佐久を手に入れた余勢を駆って、天文17年(1548)に小県の南部へと侵攻しました。

この頃の信玄は、諏訪を平定し戦では連勝中でした。この信玄に対して義清が迎え撃ったのが上田原の合戦でした。
ここで信玄は思いがけない大敗を喫することになりました。

この合戦において義清は、武田勢の初鹿野伝右衛門を討ち取り、また諏訪郡代・板垣信方上条織部が討ち取っています。更に武田勢は、甘利虎泰才間河内守などの重臣も失うことになりました。

このとき義清ら村上勢は、一旦引いたと見せかけて武田勢を誘い込み、一気に逆襲にでたものと言われ、義清自も精鋭を引き連れて信玄の本陣まで突入したと言われています。

何とか内藤昌豊馬場信春の奮闘で信玄本院は護ったものの、負傷を負わされ、武田勢は総崩れとなったと伝えられています。

砥石崩れ

※戸石城(砥石城)

信玄は、天文19年(1550年)に義清が高梨氏との合戦によって出陣した隙をついて小県の砥石城へと侵攻しました。

義清はこの信玄の出陣を知ると高梨氏と和議を結んで砥石城へと兵を向けました。

信玄もこの義清の動きに反応して、形勢は不利と見て退却に移りましたが、村上勢の追撃を受けて再び大敗を喫することになりました。

この戦いは後年「砥石崩れ」と呼ばれ、武田勢の有力武将であった横田高松渡辺雲州を含め、凡そ1000名にも上る損害を出したとされています。

取れに対し義清ら村上勢の損害は200名弱であったと伝えられています。

真田幸隆の調略

※真田幸隆

義清に2度の大敗を被った信玄は力攻めを控えて、新たに武田家に仕官した真田幸綱(真田幸綱)による調略を行わせました。真田幸綱はあの有名な真田幸村の祖父にあたります。

小県の要衝にあった砥石城は、その調略によって天文20年(1551年)に武田勢が手にすることになりました。

幸綱の調略は砥石城の足軽大将・矢沢薩摩守が幸綱の弟であったことで、その内応によって成功したものと伝えられています。

この結果、義清の配下に対する支配力は著しく低下することになり、天文22年(1553年)には大須賀久兵衛尉が離反し、村上勢の多くの武将が武田氏に降ることになりました。

義清は居城・葛尾城を一時逃れるも、体勢を整えて信玄に備えました。信玄は一旦深志城まで後退すると、甲府に戻り再度そこから大軍を率いて侵攻してきました。

義清は信玄に太刀打ちできない事を悟り、越後の上杉謙信のもとへ落ち延びました。

上杉の家臣へ

その後、越後に逃れた義清は嫡男・国清とともに上杉の家臣となりました。国清は謙信の養子として迎えられると山浦を名乗ったとされています。

義清は永禄4年(1561年)に発生した第4次川中島の戦いに従軍し、武田勢と干戈を交えると、信玄の弟・信繁を討ったとも伝えられています。

義清はその後、元亀4年(1573年)に越後の根知城において病没、享年73歳でした。

 

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 「下克上した大名のその後」について調べてみた
  2. 【聖人】身体が世界中に散らばっていたフランシスコ・ザビエル
  3. 【前田利家の妻】まつの御家存続への戦いについて調べてみた
  4. 外国人から見た戦国末期から江戸時代の日本
  5. 伊賀、甲賀、風魔忍者の違いについて調べてみた
  6. 高坂昌信と甲陽軍鑑 【武田氏の歴史を今に伝えた武将】
  7. 斎藤道三【近年では親子二代説も浮上している下克上大名】
  8. 日本最強のパワースポット!豊臣秀吉&徳川家康ゆかりの引間城へ行っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

広島が首都だった時【広島大本営と第七回帝国議会】

そもそも大本営とは?大本営とは天皇直属の最高統帥機関のこと。要するに日本の軍部の最高機関とい…

源氏物語は本当に紫式部が書いたのか?

※紫式部(菊池容斎『前賢故実』)wikiよりはじめに諸君は「源氏物語」を原文で五十四帖すべて…

豊臣秀次は本当に無能だったのか調べてみた

はじめに豊臣秀次と言えば、人質として転々とした生活を送っていたことや小牧・長久手の戦いで惨敗…

アーカイブ

PAGE TOP