どうする家康

一向一揆はなぜ強かったのか? 「家康や信長を苦しめた信者たち」

一向一揆はなぜ強かったのか?

※家康を苦しめた三河一向一揆

いろんな戦国大名が群雄割拠していた戦国時代。

しかし戦国大名が一番恐れていたのは他の大名ではなく、浄土真宗本願寺教団によって組織された一向一揆 の存在でした。

今回はそんな一向一揆がなぜ強かったのかについて解説いたします。

信仰している人が多すぎる

まず一向一揆の恐ろしいところは、当時、浄土真宗を信仰していた人がかなり多かったことです。

信仰している人が多い = 一向一揆をする人も多い

となるため、一向一揆に参加する人数ははかり知れないほどの数でした。

例えば朝倉軍と一向宗が戦った時には一説によると10万、さらには30万にも及ぶ軍勢が攻めてきたという記録も残っているぐらいです。

信長を苦しめた長島一向一揆の時でも、10万人以上の一揆軍が籠城していたのですから、戦国大名からすれば恐怖に他ならないことだったでしょう。

「しかしたかが農民。簡単に潰せるはず」

と、大河ドラマ「どうする家康」でもそのようなセリフがありましたが、残念ながら戦国時代初期の兵士は農民が多数でした。

そのため戦に慣れている者がかなり多く、それをまとめる武将はいないものの、個人の戦闘となれば大名たちの兵士に引けは取りませんでした。

さらに一向一揆を潰しても所詮は一揆。

つまり、例え一揆を鎮圧したところで所領も増えることはありませんし、さらに言えば自国内で起きた場合だと自国の領民を討つことになるため、一向一揆は戦国大名からすればかなり厄介な存在だったのです。

本願寺の圧倒的な財力

一向一揆はなぜ強かったのか?

※本願寺顕如

一向一揆が強かった一つの理由に、浄土真宗の総本山である石山本願寺の財力が莫大なものだったことがあります。

まず、浄土真宗は宗教団体ですので全国の信仰者から莫大なお布施が届きます。これだけでもかなりの額ですが、さらに石山本願寺の本拠地が当時栄えていた堺と京都の間にある門前町だったため、そこからも大量の財が入ってきます。

そのため本願寺は大量の武器を購入することが可能でした。さらに言えば石山本願寺は、毛利家や本願寺顕如と親戚関係にある武田家などの有力大名から大量の兵糧が送られてくるため、持久戦も強かったのです。

つまり圧倒的な財力によって本願寺は支えられていたのです。

死んでも構わないという姿勢

一向一揆が強かった最大の理由は、何と言っても

「死んだら極楽浄土に行ける」

と信じる人がたくさんいたためです。これが一向一揆が恐れられていた最大の理由と言えるでしょう。

宗教というのは恐ろしいもので、自分の人生を賭けるぐらいにのめり込めば、人を殺してもなんとも思わなくなるのです。

例えばオウム真理教の信者たちも色々な事件を起こしたように、この一向一揆も浄土真宗を潰そうとしている人に対しては殺害しても構わないとし、さらに浄土真宗の教え自体が例え悪人でさえも「念仏を唱えれば極楽浄土に往生できる」、というものだったので、歯止めが効きにくい状態となっていったのでしょう。

教祖である法然親鸞からすれば「そんなことしなくていいから念仏を唱えとけ」とあの世で思っていたと思いますが。

顕如は石山合戦が始まった際に

「仏法の灯火を守るために織田と戦え。従わなければ破門する」

という檄文を飛ばして織田領内各地で一向一揆起こし、さらに一向衆は

『進者往生極楽 退者無間地獄』(進めば極楽に行ける、逃げたら地獄に行く)

という旗を掲げて信長に立ち向かいました。

最後に

一向一揆は、石山合戦で信長と講和した後、顕如が石山本願寺から退去してから急速に力を落としていくようになります。

しかし、後に出される刀狩寺社諸法度が出された背景には、一向一揆の再現の教訓があったとされ、いかに一向一揆が恐れられていたということが見て取れます。

参考文献 : 宗教で読む戦国時代

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【どうする家康】 織田信長の凱旋道中!徳川家康によるおもてなしが…
  2. 家康が溺愛した美人キリシタン女性〜 おたあ・ジュリア 「信仰を貫…
  3. 今こそ御恩を返す時!三方ヶ原合戦に散った夏目広次(甲本雅裕)の壮…
  4. 【大河ドラマ】 歴史上の偉人をどのように描くべきか? 「どうする…
  5. 松平信康は切腹。殺された瀬名は怨霊に?『松平記』より築山殿事件を…
  6. 家康の嫡男・徳川秀忠。「秀」と「忠」はそれぞれ誰から貰ったの?【…
  7. 今川義元の実像とは? 「僧侶になるはずだったが、戦国時代屈指の戦…
  8. 三河一向一揆で大活躍!徳川家康に仕えた土屋重治の忠義と最期【どう…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

「ここにあるとは」 老舗べっ甲店の看板 市べっ甲工芸館に展示

昨年6月に創業311年の歴史を閉じた長崎市魚の町の江崎べっ甲店の看板が、松が枝町の市べっ甲工芸館に展…

榎本武揚について調べてみた【蝦夷共和国樹立から明治新政府へ】

幕臣から新政府へ出仕榎本武揚(えのもとたけあき)は徳川の家臣として戊辰戦争を戦い、幕府海軍の…

名将 プリンツ・オイゲンの生涯とは?【敵国オーストリアで英雄になったフランス人】

オーストリア ウィーンの観光名所の一つ、ハプスブルク家の皇帝居城「ホーフブルク王宮」を抜け、…

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

結論から言ってしまおう。「太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だった」と。…

渋谷スカイ展望台の夜景は想像以上に綺麗だった

先日、渋谷スクランブルスクエアの渋谷スカイ(SHIBUYA SKY)展望台に行ってきました。…

アーカイブ

PAGE TOP